友人に教えてもらったその日から、出会い系のユーザーになりました。
彼女の使ったハッピーメールとJメールとYYCに登録、言われた通りのセリフを掲示板に投稿していきました。
パパになってくれる人へのアピールも必要だからと、プロフィールも充実させ、写メも顔の一部を見えるようにアップしていきました。
パパ活のやり方としては地道に募集を続けていかなければならないことも教えてもらいました。
なるべく毎日、掲示板更新も心がけました。

 

 Jメールの掲示板に反応がありました!
ものすごいドキドキした気分でメールを開封。
「食事に付き合ってもらいたい」の部分に大きな反応が出てしまいました。
本当にビクンって感じ。
やっとパパ活の相手からのメールが来たと飛び上がるくらいの喜びを感じてしまいました。
言われていた通り、早めのLINE交換になりました。
無料通話アプリが必要なのは、金銭のやりとりが出会い系の中ではできないこと、あと男の人はポイントが必要だからその消費を防ぎたいという気持ちもあり、早く個人的なやりとりを望むらしいのです。
一石二鳥だから、嫌がらずに交換しろと教えられていました。
通話することになって、面接を兼ねた食事に招待されたのです。

 

 連れて行かれたのはモダンな雰囲気の、高級鉄板焼き店でした。
すごくお洒落な店内に圧倒されちゃいそうでした。
そこで3万円近くする、スペシャルコースを食べさせてもらうことになったのです。
心臓バクバクものでした。
何とかパパになってくれる人に話をあわせて、テンポよくやりとりを続けていきました。
「定期的に時間を割いてもらえるかな?」
「は、はい」
「1回の食事で5万円、月に2回程度会って欲しい」
「あ、あの…継続…ですか」
相手の方はゆっくりと笑顔で頷いていました。
その日5万円を受け取り、パパ契約と言うものしてもらえたのです。
友人のパパ活の方法で太パパを発見してしまいました!

 

女性は完全無料定番アプリ男性だけ有料
パパ活アプリBEST5
パパ活の成功者に教わったアプリ